からし菜の食べ方

からし菜の食べ方は葉・茎と種子でそれぞれに異なります。

からし菜の独特のピリッとした辛味を生かした料理が特に好まれる食べ方であり、特に旬である2月から4月は生食がお勧めです。からし菜は緑黄色野菜であるため栄養価が高く、目にも鮮やかであることが更にその食べ方を多用にしています。

からし菜の葉・茎は漬物に始まる和食から洋食、中華風、韓国風、ベトナム料理まで幅広くアレンジすることができます。具体的には、漬物、お浸し、あえ物、炒め物、揚げ物、前菜、サラダ、サンドイッチ、スープ、パスタ、チャーハン、魚料理の付け合わせ、焼肉を食べる際のサンチュ代わりに、またベトナム料理のバインセオを巻いて食べる際に、更にはお好み焼きにと幅広い食べ方に応用することが可能です。沖縄ではシマナー(島菜)と呼ばれてチャンプルーに使われています。

また種子はオリエンタルマスタードと呼ばれる和からしの原料となります。現在市販されているチューブ状のからしの原料として使用されています。かなり身近な存在だったんですね。

更に風味を楽しみたい場合は粉状のものを練り上げたものがお勧めです。からし菜の種子は食用だけに留まらず、その油や辛味が生かされる生薬としても効用が高いと言われています。

敏感肌の人には不向きではあるものの、神経痛、リューマチ、捻挫の湿布治療にも使用されています。また葉は薬膳粥などに使われ、消化を促すと言われています。からし菜は肝臓の働きを助けたり、疲れ目、肌荒れ、下痢にも効用があるそうです。実はすごい野菜だったんですね。この機会に食べ方を学び、健康体を目指しましょう!

スポンサード リンク

サイトメニュー

サブメニュー

旬の食べ物リンク

Copyright © 2010 からし菜(芥子菜)の食べ方・料理レシピ♪ All rights reserved.
- テンプレートマジック -